「ミュゼプラチナムの口コミ・最新情報」の記事一覧

「酵素」とは?そのダイエット効果とは?

最近、TVや雑誌で「酵素」という言葉を目にすることも多いのではないでしょうか。酵素ダイエットという、酵素ドリンクを使ったダイエットが流行ったことがきっかけとなり、「酵素」への関心が高まってきました。酵素とはいったい何なのでしょうか。酵素とは、私たちの健康を保つために欠かせないたくさんの効果を持っている成分です。毎日の食事から摂取する他、私たちの体の中でも作られています。たくさんある酵素の効果の1つ

自分にぴったりの酵素ドリンクを選ぶ基準は?

最近、TVや雑誌で「酵素」という言葉を目にすることも多いのではないでしょうか。酵素ダイエットという、酵素ドリンクを使ったダイエットが流行ったことがきっかけとなり、「酵素」への関心が高まってきました。酵素とはいったい何なのでしょうか。酵素とは、私たちの健康を保つために欠かせないたくさんの効果を持っている成分です。毎日の食事から摂取する他、私たちの体の中でも作られています。たくさんある酵素の効果の1つ

顔脱毛に適した脱毛方法

顔脱毛に最適な脱毛方法はフラッシュ脱毛です。顔はとても敏感で大切な部位なので、他の部位よりもより丁寧に慎重に施術をしなければなりません。レーザー脱毛は、効果が実感できるのは早いかもしれませんが、刺激が強いので顔脱毛には適しません。施術後に肌が荒れてしまうというようなときは、レーザー脱毛のケースが多いと考えられます。レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も施術回数の基準となる回数は6回前後です。フラッシュ脱毛

光脱毛で顔脱毛を行うことができるのか

脱毛方法の変化

ここ最近顔脱毛はかなり人気が集中するようになりました。当然、顔脱毛といっても方法は一言では言えないくらい多いです。ワキの脱毛は今では浸透していますが、顔脱毛は未だ女性の間では定着していないのです。しかし、顔脱毛に興味を抱いたり一度やって見たいと考えていたりする人が少なからずいることは事実です。顔は一番最初に目に入りやすい部位であり、その人の印象を決定づけてしまうので、気にする人が増加してきたといえ

なりたい自分を具体的に想像してみましょう

人によって異なりますが、ほとんどの人が6回程の顔脱毛の施術で、効果が実感でき、美しくなります。脱毛サロンではこの6回の回数を目安にコースを作っています。もしも、6回で効果が実感できなければ、回数を増やして終了させます。産毛は他の毛とは異なり、永久脱毛することはできません。いくら頑張っても少し残ってしまうのです。当然のことながら、脱毛サロンの立場としては自分たちのできる限りをつくし、完璧な状態に到達

顔脱毛はどのくらいの回数を行えばよいのか

顔は非常に繊細で一番目につきやすい大切な部位なので、長期間に渡り何度も施術をする必要があります。ほとんどの脱毛サロンは6回を目安に施術を行っていきます。顔は、ワキや脚のように黒い色素が明らかにわかるわけではないので、レーザーを当ててもそんなに早く効果が実感できません。しかし、長期間少しずつ刺激を与えていくと、ムダ毛の処理以外に良いことが生じます。まず、産毛を脱毛すると毛穴が減少していくので皮脂の分

顔脱毛を自宅でする方法はあるのか

顔は産毛の多さや色により印象が大きく変化しますし、化粧の乗りも変わっていきます。例を挙げると、産毛がたくさんある人は顔が普通の人より暗く見られたり、ファンデーションが浮きがちになったりといいことがありません。できることなら脱毛したいですが、繊細な部位である顔を脱毛することにためらいを感じる人は多いはずです。そういう方々の為に、自宅ですぐに顔脱毛できるやり方をご紹介していきます。最初に、身近でやりや

顔の脱毛でいつから効果が実感できるようになるのか

脱毛でどのくらいお店に通って施術を行えば効果が実感できるのかというのはみなさん気になると思います。レーザー脱毛は黒い物質に刺激を与えるものなので、ワキのような太くて濃いものや、脚の毛というのは目に見えて少ない回数で効果が表れます。産毛のような薄く柔らかい毛は効果が表れにくいので、長期的な施術が必要となります。一般的に2年間から3年間施術の為に通うという人がほとんどです。しかし、ほとんどの脱毛サロン

実際に施術に入った時

実際に施術に入った時は、初めてのことなので緊張してしまって顔がこわばってしまったのですが、従業員の方が痛みはないから安心してください、という優しい言葉を掛けてもらい、緊張も抜けて気持ちよく脱毛に入ることができました。施術がの前は冷たいジェルを鼻の下に塗ってもらいました。ライトを使っての脱毛でしたが、痛みは感じませんdした。少し熱さはありましたが、それぐらいで痛みは感じませんでした。ライトで施術をし

サブコンテンツ

人気コンテンツ







このページの先頭へ